シャンプーに入っているシリコンが頭皮に与えるダメージについて調べてみました。

巷では、ノンシリコンシャンプーが流行しています。
今までシリコン入りのシャンプーしか使っていなかった世間がですよ。
なぜ今シリコンシャンプーを使っている人間が多いの?

それは、シリコンが与える頭皮へのダメージが半端じゃないから。

シャンプーに入っているシリコンが頭皮に与えるダメージについて調べてみました。
そもそも、シリコンがシャンプーに配合されている意味は、
髪の毛の指どおりをスムーズにさせること、
紫外線から髪の毛を守ることにあります。

ようは、シリコンは髪の毛をコーティングする働きがあるんです。

なので、ノンシリコンシャンプーを使って髪の毛の指どおりが悪くなったなど、
シリコンシャンプーで感じられなかったきしみを感じた方も多かったでしょう。
ただ、現在のノンシリコンシャンプーはこれらの意見から
かなり改善された使用感になっていますが。

髪の指どおりをよくして紫外線からも守ってくれるシリコンシャンプーが
どうして頭皮にダメージを与えるのか。
それは、コーティング作用にありました。
髪の毛をコーティングすると同時に地肌までコーティングしてしまいます。
シリコンが頭皮に蓄積されていくと、
頭皮は炎症を起こした状態になります。
かゆみ、フケが過剰に出るなど、頭皮を荒らすんですね。
そして、毛根にダメージを与えることから、髪の毛が抜ける、
丈夫な毛髪が生えてこないなど、薄毛の原因まで作ってしまうんです。

シリコンはさらさら髪の毛にするけれど、
頭皮に残ると炎症を起こし、毛根にダメージを与えて薄毛を進行させる。
シリコンシャンプーは髪の毛に全く悪いというわけではないけれど、
地肌に残ると薄毛になる可能性が高い、
そのため、シリコン入りのシャンプーを使った後は
しっかりすすぐ。
ということが大切になってきます。

シリコンについて調べていると、
実は、もっと頭皮にダメージを与える成分を見つけちゃいました。
・ウラリル硫酸Na
・ウラレス硫酸Na
これらの成分を配合したシャンプーを使う方が
頭皮にとってのダメージが大きかったんです。

この2つの成分は高い洗浄力があります。
が、頭皮に必要な皮脂まで奪ってしまうんです。
そのため、頭皮が乾燥して毛根まで痛めてしまうということがはっきりしています。
毛根にダメージを与えるということは、
やはり、抜け毛、太い毛が生えてこない原因になります。

実は今までシャンプーにこだわりなんてありませんでした。
シャンプーで髪の毛と頭皮が綺麗になればそれでよしだったのですが、
シャンプーを変えた途端、頭皮にかゆみを感じたものですから。
それだけじゃなく、ニキビのようなできものができてしまいました。
そして、そのニキビがかゆいので掻いていたら
キズになってしまい、かさぶたになっている状態です。

今回の体験をして、シャンプー選び、シャンプーに配合されている成分を
把握して選ぶということの大切さを知りました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>